日本不動産コミュニティー
TOP -> 講師プロフィール

講師プロフィール

茨城支部 茨城SG:J-REC公認 不動産コンサルタント

佐藤健一(さとうけんいち)



【出身地】

● 茨城県

【現在の仕事】

● 茨城県内の不動産会社の営業部長

【趣味・特技】

● 登山
● そば打ち
● キャンプ
● 旅行


◆◆◆ プロフィール ◆◆◆

1963年、千葉県生まれ。
明治大学法学部卒業後、横浜市の不動産会社に就職。
売買仲介、建売分譲を中心に10年間不動産売買に携わる。
その後、マンション分譲会社で3年間新築マンションの販売を行う。
平成12年より、茨城県の賃貸管理会社にて、
賃貸仲介・管理業に13年間従事し現在に至る。
空室に困るオーナーのために日々奔走し、空室だらけの物件を多数満室にし、
オーナーの支持を拡大。
13年間の実績をもとに現在は3店舗2,300戸を管理する、
会社の取締役部長として現場で活躍。
平均入居率70%台の茨城県において、管理物件2,300戸の入居率は94%を誇る。
また自らもアパートを購入し、サラリーマン大家として不動産投資を実践。
『大家さん』の立場を理解した、実践的な空室対策には定評がある。


【主な開催エリア】

● 茨城県


◆◆◆ 受講生へのメッセージ ◆◆◆

これから少子・高齢化、供給過剰が加速し
賃貸経営を行う大家さんにとって
大変な時代が本格的にやってきます。
もうすでに全国的に空室が増えており、これからは自ら勉強し実践していく
経営者感覚を持った大家さん以外は生き 残っていけなくなります。
最近では、人気エリアとされてきた場所も空室が目立つようになってきました。
しかし反面では、不人気エリアの古い物件でも、
高入居率を達成している大家さんも多くいらっしゃいます。
そうした大家さんは、空室対策や賃貸市場の動きを勉強し、
空室を埋めるために努力し実践しています。

今後は、「勉強し実践する満室大家さん」と「勉強しない空室大家さん」の
二極化が進んでいくと思います。
エリアや物件ではなく、オーナー様によって満室・空室が分かれるということです。
「いかに入居者から選ばれる物件にしていくか」
「いかに入居者の満足度を上げていくか」
ということを、勉強することが重要になってきます。
これからは、不動産会社・建築会社にまかせっきりの『丸投げ大家さん』では、
家賃を下げても空室が埋まらず、家賃保証額は引下げられ賃貸経営が
立ち行かなくなっていくでしょう。

私の講座では、体系的なこと以外にも今後の厳しい時代を乗り切っていくのに必要な
実践的な空室対策や、現場での成功事例などもお話いたします。
皆様とは、講座終了後も末永くお付き合いしていきたいと思っています。
私の25年間の経験が皆様のお役に立つことができれば何よりです。



担当講座一覧

現在講座は実施しておりません
認定試験の学習内容はこちら