不動産実務検定ブログ

2022/07/02

『 “早期定年退職大家” 奮闘記 Vol.1』


初めまして。
みなさんこんにちは。

新たに不動産実務検定の認定講師になりました
“早期定年退職大家” の 嶋 旭斗(しま あきと)です。


「 早期定年退職大家、ほ~ッ そうなんや 」 って感じかと思いますので、
どんな状態で大家になったのかを含め少し自己紹介をさせていただきたいと思います。

私は兵庫県の西宮市在住の54歳です。
現在は、大家業をしながら、更に次に進んでいくための準備をしています。

私は大学卒業後、大手食品会社で営業を中心に仕事をしてきました。
日々、邁進、一生懸命働く事を生きがいの様に感じながら がむしゃらに仕事をしてきました。

私が勤めていた会社では57歳で管理職から離れ一般社員となる事が決まっています。

永く勤めてきた会社で管理職の立場から一気に一般社員に戻って働くって
ほんとプライド、メンタル的にもキツイですよね。

そんな背景もあって先輩方の中には、早期に定年退職を選択して新たなチャレンジ、活躍されている方いました。

私自身そんな活動的な先輩方の姿を見て結構刺激を受けてまして、
40代の後半に頃から徐々に自分の会社人生の終わりをどう迎えるべきか考える様になっていきました。

50歳の誕生日を迎えたその日、私はひとつの大きな目標を立てました。

立てた目標と言うと、“できる限り早くサラリーマンを卒業し経営者になる”という目標です。
“できるだけ” と期日がアバウトですが、実際には53歳、3年後に会社を卒業する事をターゲットにしました。

とは言え、退職して私に何ができて、そして私に何の経営ができるかは、全く思いついていなかったため
色々な本を読み漁り、

結果、1人経営の事業であれば何らかの可能性がある事を感じ取り、
そこから更に深堀りして検討した結果、

今から市場参入しても比較的リスクの少ないと思われる戸建賃貸業を中心にした事業なら
私にもできるのではないかという結論にたどり付きました。

それなりに自分なりの目標の方向性が見い出せたのですが、

全く不動産業界に縁も、業務経験もなく・・・

そんな中偶然J-RECの不動産実務検定を知り、すぐに2級を取得。
調子に乗って更に1級も取得。

お陰様でそれなりに知識も入ったきたし、
「 俺にもそろそろできるんちゃうん 」 と自信過剰になり
思い切って退職を決意しました。

J-RECの不動産実務検定は
退職、サラリーマン卒業まで決意させてくれるパワーアイテムですよ(笑)。

不動産賃貸をやりたい、学びたいと感じている方は
是非不動産実務検定に飛び込んでみて下さいね。

では、また。
Vol.2から私の大家業奮闘記をご披露していきます。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今回はここまです。

次回もお楽しみに!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

不動産実務検定は「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

 

不動産の基礎から詳しく学べます!

 

ぜひ、ご受講下さいね!

 

▼ 受付中の不動産実務検定認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule