不動産実務検定ブログ

2022/07/02

『“早期定年退職大家” 奮闘記』 Vol.2



みなさんこんにちは。

兵庫県 西宮市在住の “早期定年退職大家” の 嶋 旭斗(しま あきと)です。

前回のブログvol.1でみなさまに私の早期定年退職決定までをお話ししました。
私の退職、サラリーマン卒業の大きなファクターになったのが、
そう、もちろん “ J-RECの不動産実務検定 ”です。

 “ J-RECの不動産実務検定 ” が私に授けてくれた “妙” な自信。
この自信のお陰で私は更に無謀な大家スタートを切る事になります。

私は幸運にも勤務した会社からちょっと退職金をいただく事ができました。

その退職金は退職日から約1か月後に振り込まれる事になっていたのですが、
退職金の振込日が待ち遠しすぎて・・・。

我慢できず、退職の数か月前から動きに動きまくって物件の内覧をしまくってました。

それで、結果、
なんと大家未経験者の私が、

退職金が入金された週のたった1週間で戸建物件4軒を
現金決済で物件入手してしまいました!!

4軒の内1軒はオーナーチェンジ物件だったため
この物件取得と同時に私は大家業のスタートを切る事となったわけです。

と、スタートは切ったものの、3軒はまだ空家のまま。
お客様に住んでいただくには、3軒ともにかなりのリフォームが必要な状態です。

大家になったらコストを掛けずリフォームをしていこうと決めていた私は
1年も前からYou Tubeでセルフリフォームをお勉強し、すでにイメトレ充分、満腹状態。

すぐに楽天で工具一式を取り揃え、
資材の調達・搬入用に日産キャラバンまで購入し、

いよいよセルフリフォームをスタート。

お客様に住んでいただき易い環境をご提供するのも大家さんのお仕事。
そんな想いもあり、
まず、最初にやったのが、

見栄えが悪く異様な雰囲気を醸し出してる玄関前の植栽(カイヅカイブキ)の伐採。 
これがいきなりめっちゃ大変でした。

写真では1本に見えますが、実は3本が育ちに育って1本化してます。
太い幹は直径20cmを超えてます。

レシプロソーを使って豪快に伐採、あっと言う間に3時間経過。

切った切り株と大量の枝であっという間に特大のフレコンバック4個が満杯に。

日産キャラバンにめっちゃ重いフレコンを何とか積んで(昔ラグビーしていて体力あったのでできたのかも(笑))
市のクリーンセンターに持ち込んでセルフ廃棄(2往復)。

私の大家のスタート、リフォームスタートはこんな感じです。

Afterの写真を見てかなり玄関がスッキリしたのが分かってもらえると思います。

サイトでの物件の紹介、内覧時は第一印象、特に玄関の印象が大事ですよね。



・Befofe




・After



では、また。
次回は、給湯器配管破裂、極寒全身ずぶ濡れ事件をご紹介致します。

兵庫支部
嶋 旭斗(しま あきと)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

不動産実務検定は「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

 

不動産の基礎から詳しく学べます!

 

ぜひ、ご受講下さいね!

 

▼ 受付中の不動産実務検定認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule