不動産実務検定は、アパート経営や土地活用の知識を学びたい大家さんや不動産投資のプロとして活躍するための資格です

不動産教育(研修)は日本不動産コミュニティー(J-REC)

プレスリリースPress release

ホーム / プレスリリース / 家主と地主2012年8月号

tykcover.jpg

「家主と地主 2012年8月号」に、浦田が代表理事を務めるJ-RECに関する記事が掲載されました。

〜以下 記事抜粋〜

J-REC 第3回全国事例研究会に約100名参加

大家検定を監修・認定する一般財団法人日本不動産コミュニティー(J-REC)が、第3回全国事例研究会を6月30日に沖縄で開催した。

>>実際の記事はこちら


【全国賃貸住宅新聞記事掲載バックナンバー】

tykcover.jpg 「家主と地主2009年7月号」に、浦田のインタビュー記事が掲載されました。

賃貸経営のノウハウを取得する「大家検定」

−以下 記事抜粋−

「大家検定」なるものが誕生した。賃貸経営から税務、土地活用、不動産投資まで、ノウハウを体系化したものだ。今年3月から始まっている認定講座には、親に勧められて受講する2代目もいるという。不動産事業の承継という面からでも注目される大家検定について、代表理事の浦田健氏に取材した。

>>実際の記事はこちらページ 1. ページ 2.

不動産投資のツボ365問

不動産実務検定メール講座は
下記から今すぐご登録下さい。

メールアドレス
お名前

※認定講座情報も配信されます。お客様の情報はJ-RECプライバシーポリシーに従い管理されます。

財団のご案内