不動産実務検定は、アパート経営や土地活用の知識を学びたい大家さんや不動産投資のプロとして活躍するための資格です

不動産教育(研修)は日本不動産コミュニティー(J-REC)

プレスリリースPress release

ホーム / プレスリリース / 週刊住宅2014年5月19日号

週刊住宅2013年4月8日号

5月19日発行の週刊住宅新聞に、浦田が代表理事を務めるJ-RECに関する記事が掲載されました。

〜以下 記事抜粋〜

アジア不動産投資フェア&シンポジウム-海外投資家ら2日間で1500人

週刊住宅新聞社とアジア不動産投資フェア実行委員会は10日、11日の2日間、「アジア不動産投資フェア&シンポジウム」を都内で開催し、1500人が集まった。

>>実際の記事はこちら


【週刊住宅記事掲載バックナンバー】

週刊住宅2013年4月8日号

1月20日発行の週刊住宅新聞に、浦田が代表理事を務めるJ-RECに関する記事が掲載されました。

〜以下 記事抜粋〜

4月に「大家検定」改称 J-REC「不動産実務検定」に

「大家検定」日本不動産コミュニティー(J-REC浦田健代表理事)は、15日、銀座の中小企業会館2014年キックオフミーティングを開き、全国から約100人が参加した。

>>実際の記事はこちら


週刊住宅2013年4月8日号

4月8日発行の週刊住宅新聞に、浦田が代表理事を務めるJ-RECに関する記事が掲載されました。

〜以下 記事抜粋〜

不動産業界専門の社員教育提供

「大家検定」日本不動産コミュニティー(J-REC浦田健代表理事)は、不動産業界専門の社員教育プログラムを開発し、業界に向けて提供を開始した。

>>実際の記事はこちら


週刊住宅2012年8月6日号

8月6日発行の週刊住宅新聞に、浦田監修の本が紹介されました。

〜以下 記事抜粋〜

66の実践事例を紹介

賃貸住宅経営における最大のリスクが「空室」。賃貸住宅の空室率は08年度の国土交通省のデータでは全国平均約18%。それから4年経った現在、すでに20%を優に越えたとも言われている。

>>実際の記事はこちら


週刊住宅2011年9月5日号

9月19日発行の週刊住宅新聞2500号特集第2部に、浦田が寄稿した記事が掲載されました。

〜以下 記事抜粋〜

東日本大震災後の不動産マーケット
「古い価値観から脱却急げ」敷金・礼金・賃料問題……利他的に対応を

未曾有の大震災から半年が経った。復興支援にあたっていた自衛隊も完全撤収、福島第一原発の問題は長期化しつつも、書く日サイトでは確かな復興への足跡が刻まれている。復興への希望が見えつつある中、震災後の不動産市場はどうなるのだろうか?

>>実際の記事はこちら


週刊住宅2011年6月20日号

7月18日発行の週刊住宅新聞に、浦田健のインタビュー記事が掲載されました。

人口減、金利上昇、サブリース…家主業に大転換期来る

〜以下 記事抜粋〜 人口減少、空室や悪質滞納者の増加、一時金をめぐるトラブルなど賃貸経営に吹き付ける逆風は厳しさを増すばかり。家主向けの認定資格「大家検定」を監修・認定する日本不動産コミュニティーの浦田健代表理事は2015年を境にこうした環境はさらに悪化すると予測する。

>>実際の記事はこちら


週刊住宅2011年7月11日号

7月11日発行の週刊住宅新聞に、浦田が代表理事を務めるJ-RECに関する記事が掲載されました。

広島市で事例研究会

〜以下 記事抜粋〜

一般財団法人日本不動産コミュニティーは2日3日広島市で事例研究会を開催した。全国から92人が参加した。>>実際の記事はこちら


週刊住宅2011年4月11日号

4月11日発行の週刊住宅新聞に、住まいりんぐに関する記事が掲載されました。

使用貸借活用で家主保護 

〜以下 記事抜粋〜

東日本大震災の被災者に一定期間住まいを無償で提供する取り組みがが広がってきた。現在までに建築・不動産業界や賃貸住宅オーナー融資によるマッチングサイトが複数立ち上がっている。

>>実際の記事はこちら


週刊住宅2011年4月11日号

3月28日発行の週刊住宅新聞に、被災者向け不動産よろず相談窓口に関する記事が掲載されました。

〜以下 記事抜粋〜

家主向けの任意資格を運営する日本不動産コミュニティーは18日、不動産よろず相談窓口を開設。

>>実際の記事はこちら


7月19日発行の週刊住宅に、浦田が代表理事を務めるJ-RECに関する記事が掲載されました


以下 記事抜粋

賃貸経営実務検定(大家検定)を監修・認定する一般財団法人日本不動産コミュニティー(浦田代表理事)は10日、両国KFCホールで全国からオーナー、大家検定講師、不動産業者など、118人が参加した第一回全国事例研究会を開催した。

>>実際の記事はこちら


週刊住宅4月5日号

4月5日発行の週刊住宅に、浦田が代表理事を務めるJ-RECに関する記事が掲載されました。


以下 記事抜粋

賃貸住宅市場を取り巻く環境は、人口減少が続き、今後10年間で賃貸住宅空室率は現在の10%から15-20%以上に拡大するという声もある。このような環境下、オーナーが健全な賃貸経営を続けていくためには、実践的な知識を自ら学び、関係業者と連携を図りながら経営に取り組むことが大切というスタンスに立ち、2年間の準備期間を経て、昨年から本格的に開始された資格。

>>実際の記事はこちら


syukanjyutaku091019.jpg

10月19日発行の週刊住宅に、浦田が代表理事を務めるJ-RECに関する記事が掲載されました。


以下 記事抜粋

日本初の不動産投資専門資格・賃貸経営実務検定「大家検定」などを監修・認定する団体として、昨年設立した一般財団法人日本不動産コミュニティー(J-REC、浦田健代表理事)は、15日から大家検定2級の一般受験を開始した。

>>実際の記事はこちら


3月2日発行の週刊住宅へ、浦田が代表理事を務める J-RECに関する記事が 掲載されました。

以下 記事抜粋

日本初の不動産投資専門資格・賃貸経営実務検定として誕生した「大家検定」。1月に設立した一般財団法人日本不動産コミュニティー(浦田健代表理事)が主催する。資格試験は「大家検定1・2級」「マスター」の3つを予定し、今秋から検定試験を開始する。-中略 浦田氏は「人口減少が続き、今後10年間で賃貸住宅空室率は現在の10%から15-20%以上に拡大すると思われる。このような環境下、オーナーが健全な賃貸経営を続けていくためには、実践的な知識を自ら学び、関係業者と連携を図りながら経営に取り組むことが大切と考えた」とする。

>>実際の記事はこちら


1月19日発行の週刊住宅へ、浦田が代表理事を務めるJ-RECに関する記事が掲載されました。

以下 記事抜粋

日本初の不動産投資専門資格・賃貸経営実務検定「大家検定」などを監修・認定する団体として、10日に一般財団法人日本不動産コミュニティー(浦田健代表理事)が設立総会を開催した。資格試験は「大家検定1・2級」「マスター」の3つを予定し、今秋から検定試験を開始する。

>>実際の記事はこちら

 

不動産投資のツボ365問

不動産実務検定メール講座は
下記から今すぐご登録下さい。

メールアドレス
お名前

※認定講座情報も配信されます。お客様の情報はJ-RECプライバシーポリシーに従い管理されます。

財団のご案内