不動産実務検定は、アパート経営や土地活用の知識を学びたい大家さんや不動産投資のプロとして活躍するための資格です

不動産教育(研修)は日本不動産コミュニティー(J-REC)

不動産実務検定とはReal estate practice test

ホーム / 不動産実務検定とは / 検定概要

検定概要

不動産実務検定の内容、資格取得のメリット、受験方法を映像で解説!

 

不動産実務検定(通称「大家検定」)は、賃貸住宅の経営に必要な知識を高め、入居者に暮らしの良い住環境を提供することで、日本の賃貸住宅の向上と発展に貢献します。

 

不動産実務検定の内容、資格取得のメリット、受験方法を映像で解説!

※1級・2級はどちらからでも取得することができます。
  マスター認定には1級および2級の認定取得が必要です。

 

不動産実務検定試験の受験対象者は?

既存の不動産関連資格は、不動産業者の専門性を高める ための資格制度がほとんどです。賃貸経営の実務者であ るオーナーのための資格制度はなく、このゾーンのスキル を求める潜在ニーズは高くなっています。
また、建築不動産業界においても、当資格により即戦力と なる人材を育成することができるだけでなく、オーナーと共通の実務知識を身につける事により、信頼性を高めよりスムーズに良質なサービスを提供することができるようになります。
 

不動産投資のツボ365問

不動産実務検定メール講座は
下記から今すぐご登録下さい。

メールアドレス
お名前

※認定講座情報も配信されます。お客様の情報はJ-RECプライバシーポリシーに従い管理されます。

財団のご案内