不動産実務検定は、アパート経営や土地活用の知識を学びたい大家さんや不動産投資のプロとして活躍するための資格です

不動産教育(研修)は日本不動産コミュニティー(J-REC)

認定講座のご案内Kind of certification courses

ホーム / 認定講座のご案内 / 不動産実務検定認定講座の種類

  • 資格のステップアップで、賃貸経営のプロとしての知識を段階的に学び、さらなる活躍の場を広げます。
  • 資格を取得する方法には、認定講座に通い実務知識を確実に身につけながら取得する方法と、一般試験により取得する2通りの方法があります。
    ここでは、認定講座の各段階ごとに習得できる知識と、どのような場面でその知識を発揮できるようになるのか解説いたします。認定講座の特典として、試験は5問免除となります。
  • なお、2級、1級はいづれの受講、受験が可能です。マスター認定は2級及び1級の合格・認定が必要となります。
  • 満室経営の実現スキルを習得
  • 不動産投資の実務知識を習得
  • 不動産運用設計の実務知識習得

不動産実務検定2級認定講座

賃貸管理運営(満室経営)に関する知識を習得する。
人口動態、需給予測。募集、契約、管理、トラブル対処に関する知識。借地借家法の理解。

2級資格を取得すると

日常的な賃貸経営で直面する課題に的確に対処できるようになります。
例えば空室対策、契約手続き、家賃滞納問題、敷金精算問題など。

不動産実務検定1級認定講座

不動産投資戦略、調査、事業収支計画の策定、競売実務、
またこれに関連する建築知識、民法、税務、ファイナンスの知識を習得する。

1級資格を取得すると

初心者でも不動産投資の基礎から応用まで体系的な知識を学ぶことができます 。
また、実務知識を始め、各種法令や税務を熟知することで、不動産関連の専門家と対等なコミュニケーションが成り立ち、目的をスムーズに達成できるようになります。

不動産運用設計、土地活用、建築プランニング、建築施工管理、相続 対策に
関連する資産分析、及び対策に関する専門知識を習得する。

マスター資格を取得すると

1.不動産コンサルティング能力が身につきます。
土地活用、賃貸経営、不動産投資のプロフェッショナルとして、ご自分の資産運用はもちろん、コンサルタントとして、大家さんや地主さんの相談に応えることができるようになります。
2.SG(スタディーグループ)を作り、認定講座・検定対策講座を開催できます。
各種講座の募集や開催を通して、賃貸経営を向上したい大家さんや地主さんの仲間が増えるようになります。
3.各種フェア、各種企業・団体での講演活動の機会が増えます。
体系的な知識を持つプロフェッショナルとして、各種企業のセミナー講師の依頼に応じて、ご紹介します。

ライセンスカード

  • 不動産実務検定2級ライセンス

    不動産実務検定2級ライセンス

  • 不動産実務検定1級ライセンス

    不動産実務検定1級ライセンス

  • J-REC公認不動産コンサルタントライセンス

    J-REC公認不動産コンサルタントライセンス

  • J-REC認定講師証

    J-REC認定講師証

財団のご案内