受験方法について

不動産実務検定には2通りの受験方法があります。

また、認定講座を受講して5問免除の終了試験を受ける場合も、直接、検定試験を受ける場合も、都合のいい時間に、都合のいい場所で受験が可能です。
また、最新設備によるコンピューター試験なので、受験したその日に合否が分かります。

2通りの受験方法

受験方法1.じっくり学んで確実に

実務知識を身に付けたい方におすすめです。

  • 認定講座を受ける

    認定講座を受ける

    • 全国の認定講座に申し込む
    • 1級、2級は12時間を履習
  • 認定試験を受ける

    認定試験を受ける

    • 出席、宿題、小テスト提出率7割以上
    • 終了試験の5問免除ポイント
  • 終了試験を受ける

    終了試験を受ける

    • 全国各地の試験会場にて、ほぼ毎日受験可能
    • 7割正答で合格(即日合否判断)
  • 認定申請

    認定申請

    • JREC入会
    • 1級、2級認定書発行

※本試験の実施はCBT-Solutionsに委託しております。
※終了試験受験希望者は、認定講座の受講が必要です。担当講師にお問い合わせ下さい。

開催中の認定講座を見る

受験方法2.一発試験で実力試し

時間のない方、自信のある方におすすめです。

  • 受験対策をする

    受験対策をする

    • 認定校の受験対策講座受験
    • 試験対応本にて独自学習
  • 検定試験を受ける

    検定試験を受ける

    • 全国各地の試験会場にて、ほぼ毎日受験可能
    • 7割正答で合格(即日合否判断)
  • 認定申請

    認定申請

    • JREC入会
    • 1級、2級認定書発行

※本試験の実施はCBT-Solutionsに委託しております。
※終了試験受験希望者は、認定講座の受講が必要です。担当講師にお問い合わせ下さい。

一般試験について詳しく見る
不動産実務検定受験参考図書を見る