不動産実務検定ブログ

2021/01/22

『母と私の生活』



みなさん、こんにちは。
J-REC事務局の横山千穂です。

 

私は、78歳の母と2人暮らしです。



一緒に暮らす母は身体障害者2級です。

実は、亡くなった父も身体障害者でした。

生まれた時からそのような環境があたりまえだったからか、

そのことを苦に思ったり、
自分が不幸だと思ったことは1度もありません。

父が亡くなって、
私は母と住むために今の家を中古で購入しました。

駅近、病院近、スーパー近、コンビニ近、
ご近所皆さん仲良し♪



自慢できるような好立地・好条件の横山御殿です(笑)




家は2階建てですが、
私と母は同じ1階で寝ています。

夜、母になにかあった時にすぐ気づけるようにです。

母がお風呂に入っている時は
何回か声をかけるようにしています。

入浴中に、母になにかあった時に気づけるようにです。

母にできることはなんでもやってもらいます。
お料理は母におまかせです(笑)

でもそれは、いつまでも元気でいてもらいたいからです。

高齢の母との暮らしは心配事も多いですが、
とても楽しく穏やかです。



毎朝の『おはよう』
 



『いってきます』『いってらっしゃい』

『ただいま』『おかえりなさい』

『おやすみ』



なにかしてもらった時にはお互い『ありがとう』

なにかしてしまった時にはお互い『ごめんね』『いいよ』



住む家があること。
一緒に住む家族がいること。
会話があること。



住む場所を提供する不動産の仕事って
本当にすてきなお仕事だと思います。

 



おもーく言えば
その人の一生を変えてしまう仕事かもしれません。

だからこそ、



きちんとした知識で、
不動産に接してほしいと思います。

 



『不動産実務検定』は、



不動産の基礎から学べる講座になっています。



誰かの一生を変えてしまう住まいを
なんの知識もない人に私は任せたくありません。

本当に不動産と向き合いたい。

本気で不動産の仕事に携わりたい。

そういう方に受講していただきたい講座です。

ご受講お待ちしております。

 

▼ 受付中の認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule

 

 

 

一般財団法人 日本不動産コミュニティー
J-REC事務局 横山千穂