不動産実務検定ブログ

2021/07/30

『不動産投資に本当に使える資格とは 第1回』<全3回>



みなさん、こんにちは。
J-REC事務局の横山千穂です!


今回のブログは全3回シリーズで

 

『不動産投資に本当に仕える資格とは』



についてお伝えします!


今年はコロナの影響があって、
家で過ごす時間が多くなったことにより、

 

資格取得を目指す人が多くなっているようです。



通信教育大手の調査によると
受講者は昨年の1.5倍から1.7倍に増えていて


そしてその大半がコロナの影響によって
不安が増したからという理由が多かったそうです。


これから先は不確実性がどんどん増していきますから


資格をとってキャリアに生かそうと考える人は
とても多いのでしょう


しかし、その資格は

 

本当にその人のキャリアに活かせるのでしょうか。



実は取得しても収入には直結しない、
転職にも有利じゃないそんな資格の方が多かったりします。


そこで今回はあなたの資産形成に本当に役立つ
特に不動産投資に役立つ資格5選を紹介します!


このブログを読めばあなたは、
無駄な資格取得に費やす時間を節約できますし、
本当にお金に直結する資格が一体どれなのかがわかります。


結果あなたは最短でお金持ちになることができますので
ぜひ、最後までお付き合いください♪


一生懸命勉強するとなんとなく
キャリアアップをしているような錯覚を起こしがちですが、


実は資格を取れば、

 

それだけで食べていける資格は多くありません。



ほとんどは資格名を名乗るだけで
ビジネスには実際に活かせていない資格も多いと思います。


資格取得大手タックの調査によると
2020年の人気講座ランキングはこのようになっています。


【1位】 簿記検定

【2位】 宅建士(宅地建物取引士)

【3位】 中小企業診断士

【4位】 社会保険労務士

【5位】 税理士

【6位】 ファイナンシャルプランナー(FP技能士)

【7位】 公認会計士

【8位】 情報処理・パソコン

【9位】 行政書士

【10位】 司法書士


これを見るとなんとなく取得しやすそうで
就職に有利そうな順に並んでいるような気がします。

 

もしあなたが目指すとしたらどの資格でしょうか?



例えば、宅建士は常に人気上位の国家資格ですが、
宅建士を取得したとしても


いい不動産が買えるわけではありませんし、
満室経営が実現するわけでもありません。


ただなんとなく就職に有利そうだからという理由で
受験する人も多いと思いますが、


実際に日の目を見ない、食べていけない資格を
取得するほど無駄なものはないと思います。


勉強をしている自分によってしまって
いつのまにか儲かってしまった錯覚に陥ってしまうのは
本当に時間の無駄だと思いますので、


この資格は食べていけるのか食べていけないのかを
ざっと仕分けしてみたいと思います。


「いや、自分はこの資格で十分食べていってるよ」
という人もいるかもしれませんが、


これは1つの考えとしてお許しいただければと思います!


それでは、資格を取得しただけでは
食べていけない資格について発表しましょう。


食べていけない資格の代表格はズバリ!

 

ファイナンシャルプランナー(FP技能士)



でしょう。


その他の資格も就職には有利かもしれませんが
資格さえあれば仕事が舞い込んでくるような資格はほとんどありません。


では、一方で食べていける資格とは何でしょうか。


唯一それだけで食べていける資格があるとすれば、

 

医者と弁護士



くらいなものでしょう。


残念ながらそれ以外の資格では、
取っただけでは食べていくことができません。


つまり資格とは取得することを目的にするのではなく
資格をとってどう自分のキャリアに生かすかが重要になるわけです。


今回はここまでです。


次回は <資産づくりに役立つ3つの資格とは?>
をお伝えしたいと思います。


ぜひ、次回もお楽しみに♪




 

不動産実務検定は「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

 

不動産の基礎から詳しく学べます!

 

ぜひ、ご受講下さいね!

 

▼ 受付中の不動産実務検定認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule




一般財団法人 日本不動産コミュニティー
J-REC事務局 横山千穂