不動産実務検定ブログ

2022/05/24

『<最新>都道府県別の戸建賃貸の事情は?』

みなさんこんにちは!

本部直轄のアソシエイツで、J-REC代表理事の
浦田が代表を務めるFPコミュニケーションズで
コンサルタントをしている岡です。

早速ですが土地活用で戸建賃貸を、
選択するケースが増えています。

今回のテーマは土地活用で企画するケースが多い
戸建賃貸の事情について、コンサルタントの立場から
調査して、結果をまとめてみました。

アパートやマンションと比較して、
全国的な賃貸事情がどうなっているのか、
知りたいと思ったことはありませんか?

ポータルサイト「アットホーム」で掲載されている物件を、
都道府県別に賃貸種別を検索して賃貸事情を
調査してみました。

以前5年前の同じ時期に調査しておりますので、
戸建賃貸とアパート・マンションの募集物件の
割合に関する調査結果になります。

全ての都道府県ではなく人口ランキング順で
10位までを調査対象としておりますので、
ご承知おきください。

ご自身の居住地や、不動産投資をしている
地域が入っていない場合もあると思いますが、
ご容赦ください。

全体の掲載件数に対して、アパートとマンションと
戸建賃貸の割合をあらわしています。

--------------------------------------

(※左からアパート、マンション、戸建賃貸、全体件数の順)

◆東京都
2016年:30.7% 66.3% 3.0% 291,293件
2021年:32.3% 66.4% 1.4% 333,948件

◆神奈川県
2016年:45.9% 49.0% 5.1% 148,595件
2021年:50.6% 46.6% 2.8% 159,006件

◆大阪府
2016年:16.6% 80.3% 3.1%  95,530件
2021年:22.3% 75.1% 2.6% 134,502件

◆愛知県
2016年:38.3% 59.2% 2.5%  87,564件
2021年:30.1% 68.4% 1.5% 391,418件
◆埼玉県
2016年:56.8% 38.3% 4.9% 81,962件
2021年:57.5% 39.2% 3.3% 71,170件

◆千葉県
2016年:59.9% 35.0% 5.1% 66,618件
2021年:59.5% 37.6% 2.9% 67,642件

◆兵庫県
2016年:37.7% 58.2% 4.1%   88,069件
2021年:34.8% 62.3% 2.9% 115,532件

◆北海道
2016年:57.4% 38.8% 3.7% 10,762件
2021年:37.8% 60.7% 1.5%  32,312件

◆福岡県
2016年:41.6% 55.4% 3.0% 44,794件
2021年:38.1% 59.3% 2.6% 38,363件

◆静岡県
2016年:52.9% 42.3% 4.8% 43,608件
2021年:51.0% 45.1% 3.9% 51,454件

※データは2016年11月末の掲載物と、
今年は2021年10月18日の掲載物件です。

--------------------------------------

上記をご覧いただくと都道府県でアパートとマンションの
割合に差があるものの戸建賃貸については、
すべて「5%以下」ということがわかります。

そして、2016年と2021年と比較すると多くの
地域で戸建賃貸の掲載割合が減っていますし、
戸建賃貸の供給割合が少ないという状況は、
現在も変わっていません。

今後もアパートとマンションの空室率はさらに
高くなっていくと予測されるので、戸建賃貸は
競合が少なく空室リスクは低いと思われます。

私がコンサルタントとしての土地活用で
戸建賃貸を企画するケースが多いのは、
こういった需給バランスによるところも大きいです。

また実際に自分に合う投資法はどちらか?の前に、
それぞれの投資法を理解することから
始めてみてはいかがでしょうか?

それには不動産実務検定で体系的に学ぶのが、
一番の近道だと思います。

今回のブログが読者の皆様のお役に立てば幸いです。

以上、岡がお伝えしました。

J-REC本部直轄
JーREC公認 不動産コンサルタント
岡  宏
https://www.j-rec.or.jp/koushi/show/35




不動産実務検定は「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

 

不動産の基礎から詳しく学べます!

 

ぜひ、ご受講下さいね!

 

▼ 受付中の不動産実務検定認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule