不動産実務検定ブログ

2022/05/24

『不動産投資を始めるために重要なこと』<前編>

皆さん こんにちは。


東京第6支部の湘南藤沢SGの廣田裕司です。


もうすぐ新しい年がやってきます。


そして、年明け後すぐに、賃貸住宅業界の繁忙期をやってきます。


ここ2年間の繁忙期は、
コロナ禍で人の動きが少なく、静かな繁忙期でした。


緊急事態宣言などの様々な規制が緩和されて迎える来年の繁忙期は、
どのようになるのでしょうか。


今回は、


「不動産投資を始めたい」


と考えているけどなかなか踏み出せないという人のために、
不動産投資を始めるために重要なことを書いてきます。

 

============
知識の習得
============


福沢諭吉著「学問のすゝめ」の中で、
騙されないためにも、勉強する必要があるとか書かれています。


知識を習得しないで不動産投資を始めると、
正しい判断ができず、結果的にダメ物件を購入することになりかねません。


収益物件の価格は、自身の年収以上の高額になることがほとんどです。
まして、ローンで資金調達するのですから、騙されたではすみません。


不動産投資を始める前に、
不動産投資に関する知識を習得することが必須です。


知識を習得する方法として「不動産実務検定®」の講座を受講するのもよいと思います。

 

=============
ノウハウコレクターならないように
=============


不動産投資の勉強会に参加すると、
経験豊富なベテラン大家のように、


いろいろの知識をひけらかし、
ともすれば、セミナー講師の言っていることの解説までするような人に出会うことがあります。


このような人に、
「どんな物件をお持ちですか?」と質問すると、


「今は、物件価格が高騰しているから様子を見ています。
 来年後半には価格に軟化すると予想されるので、
 その辺から買い進めようと思っています」


とか、


「金融庁の指導もあり、
 金融機関の融資姿勢が閉まっているので、
 今を様子見です」


といような回答があり、
結局この人は、実際には物件を所有してなくて、


単に知識を習得するだけのいわゆる


 「ノウハウコレクター」


 にすぎません。


知識を習得することは大切ですが、


知識を習得してだけでは、
不動産投資の第一段階以前で、


言わば、「ゼロ段階」です。


第一段階に進むためには、
取得した知識を実行に移すことが重要です。


まず、物件購入の自己資金を準備することから始めるといいと思います。
これも、ゼロ段階から踏み出す第一歩です。




今回はここまでです。


次回も「不動産投資を始めるために重要なこと」について
解説していきます。


▼東京第6支部 湘南南藤沢SG 廣田 裕司 講師
https://www.j-rec.or.jp/koushi/show/130




不動産実務検定は「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

 

不動産の基礎から詳しく学べます!

 

ぜひ、ご受講下さいね!

 

▼ 受付中の不動産実務検定認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule