不動産実務検定ブログ

2020/09/27

『リスクとリターンの関係 ローリスクでハイリターンを得られる?』

みなさん、こんにちは!J-REC事務局の内山琴音です。


今日のテーマは「リスクとリターンの関係」についてです!


誰でもリスクを取らずに、利益を得たい・・・と考えていると思いますが、
そもそもなぜリスクを取らないとリターンが得られないのでしょうか?


例えば年収1千万円欲しいと思ったら、
具体的にはどんなリスクを取らなくてはいけないのでしょうか。
ただリスクを極力小さくしながら、大きなリターンを得る方法もご紹介します!


ポイントは3つです。


① 年収1億円を目指す際のリスク

なぜ年収1億円?と疑問に思いますが、それくらい大きな規模で考えておかないと1千万円もかなり高い目標となってしまい、到底達成できない!という風に潜在的に思ってしまうので、
ちょっと手が届きにくそうにない目標を立てることによりが逆に1千万円、2千万円の目標が楽に感じます。

年収1億円を稼ぎたいと思ったら、まず会社勤めでは無理です。
上場企業に就職を目指す?
一流のスポーツ選手になる?
では起業してビジネスを成功させる?
企業は誰でもできますが、10年その会社を続けられることができるのは1%、100人に1人です。
さらに1%のなかでも1億円を稼げるのは1/100くらい、1万人に1人の確率です。

投資家という選択肢もありますが、不動産投資や株式投資はある程度のリスクをおわなくてはいけません。
不動産投資はローンというリスク、株式投資は相場に左右されるというリスクを負うことになります。

なぜ1億円を目指すと確率が少なくなってしまうのか、
「どうしてリスクを大きく取らないと、リターンも大きくならないのか」


② リスクとリターンのメカニズム

Aのパターンは絶対にお金がもらえるのでリスクはゼロ、
Bのパターンはサイコロを振って4以上の目が出る確率は1/2、この1/2の確率を「不確実性」といいます。リスクが高ければ高いほど、リターンも高くなります。
Cのパターンはサイコロを振って5以上の目が出れば3千円もらえる4以下の目なら0円、5以上の目が出る確率は3/1の確率、リターンが3千円に増えた結果、不確実性は3/1になります。


「より多くを求めていたら、よりそれが得られないというリスクを負わないと手にすることはできない」


③ そのリスクを減らす方法もあります!


それは「学ぶ」ということです!


例えば、不動産ということであれば不動産投資のノウハウはたくさん出ています。
どんな物件をいくらで買えば儲かる?どんな税務の知識とマネージメント方法が必要なのか?
今後考えられるトラブル、対処法まで勉強すればわかることがあります。

「学ぶことによって不確実性をヘッジすることが出来る、リスクを減らしながらリターン大きくすることが可能」です!


そのために「不動産実務検定」があります。

全国各地の認定講座でライフプランニング、不動産投資、満室経営、税金対策、建築、ファイナンス、土地活用コンサルティングなど幅広い知識を学ぶことができます。


オンライン講座も開催しておりますので安心してご受講いただけます!

▼受付中の認定講座はこちらから
https://www.j-rec.or.jp/schedule

最初から受講するのは不安・・・という方は無料体験講座からお申し込みください♪

▼無料体験講座一覧
https://www.j-rec.or.jp/othersemi/taiken_koza.html


以上、J-REC事務局の内山でした!


不動産実務検定ではFacebookTwitterを更新しております♪
ぜひ、フォローしていただければと思います♪