不動産実務検定ブログ

2021/07/30

『不動産投資を始める以前に学ぶことの大切さ』

みなさま、こんにちは。
J-REC東京第1支部の小宮哲朗と申します。


今回初めてブログを書かせていただくことになりました。
よろしくお願い致します。


最初は自己紹介と不動産投資を始めたきっかけについてお伝えします。



私は現在父親から賃貸経営を引継ぎつつ、
不動産コンサルタント、賃貸管理会社の経営などを行っています。


もともとは大学卒業後、大手企業にシステムエンジニアとして就職しました。
仕事は日々忙しい状況であったものの、やりがいを感じており、安定したサラリーマン生活を送っていました。

しかし仕事が多忙を極め、30歳を目前に過労で体調を崩してしまったのです。


この体調を崩したことをきっかけに不動産投資に興味を持ちました。

このままでは会社で身をこなして働かないと安定した収入が得られない状況に不安を感じ、
会社に依存しない形で収入を得ることを模索しはじめたのです。

最初は株式、FXの投資を行い、順調に副収入を得ていたのですが、
徐々に収支の浮き沈みが激しくなり、安定した収入が思ったように得られない状況に陥りました。


どうすればよいのか不安は増すばかりの中、
不動産投資は良い物件を購入すれば、長期的に安定した家賃収入が得られると思い不動産投資を始めました。

最初は区分マンションを購入からスタートし、少額ながら家賃収入を得られるようになりました。


これでやっと落ち着くことができると考えていたのですが、
不動産の知識ゼロの状態で物件購入したことが災いし、
不動産投資での資金繰りが悪化、借金返済の危機に直面してしまいます。

貯金や投資株式の売却で資金を工面し一難を乗り越えるも、自身の賃貸経営に対する知識不足を痛感。

体系的な知識を学ぶことができる場を探していたところ、J-RECの不動産実務検定に出会ったのです。



今になっては不動産実務検定で学んで本当に良かったと思っています。
むしろもっと早く学んでおくべきでした。

学ぶためにはお金がかかりますが、学ばずに物件を購入して失敗した場合に被る金銭的損害に比べたら格安です。



さらに言うと、不動産投資は「良い物件を買えば成功」と考える方や、
「良い管理会社に任せていれば安心」と考える方もいらっしゃると思います。

確かにこれらは間違ってはいませんし、物件選びも管理会社選びも大変重要です。


しかし日本国内においては、少子高齢化による人口減少がますます顕著となっており、
大家さんの賃貸経営は非常に厳しい環境にさらされています。


このような環境下においては、良い物件を良い管理会社に管理を任せているだけでは勝ち残ることは難しいのです。
そのためには大家さん自身が常に学び続けスキルやノウハウを取得し、
経営者の立場で主体的に行動することが必要です。



是非皆さんも、J-RECの不動産実務検定で不動産投資の学びを深めてみませんか?



---------------------------------

東京第1支部 横浜鶴見SG
J-REC公認 不動産コンサルタント

小宮 哲朗

---------------------------------










不動産実務検定では全国各地の認定講座で、


ライフプランニング、不動産投資、満室経営、税金対策、建築、
ファイナンス、土地活用コンサルティングなど幅広い知識を学ぶことができます。



▼講座開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/schedule



オンライン講座も開催しておりますので安心してご受講いただけます!

▼オンライン講座開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/schedule/online



すぐに受講するのは不安・・・という方には無料受講もございます!

▼無料体験講座一覧
 https://www.j-rec.or.jp/othersemi/taiken_koza.html



各地大家塾や勉強会も開催しておりますので是非お気軽にご参加ください♪

▼認定勉強会開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/zaidan/sg_1.html




----------------------------------------------------------------

不動産実務検定ではFacebook、Twitterを更新しております♪
ぜひ、フォローしていただければと思います♪

 ----------------------------------------------------------------