不動産実務検定ブログ

2021/01/23

『住宅ローンは繰り上げ返済しちゃダメ!その理由とは 第1回』<全2回>



みなさん、こんにちは。
J-REC事務局の横山千穂です!

 

2021年もよろしくお願いいたします!



そして、今年最初のテーマは

 

『住宅ローンは繰り上げ返済しちゃダメ!その理由とは』



です。


全2回シリーズでお送りしますので、
ぜひ、今回も最後までお付き合い下さい♪


今回は住宅ローンを今借りている人向けの
テーマになります。


最近よく住宅ローンがあると
不動産投資で融資を引きづらいから、


繰り上げ返済したほうがいいんでしょうか
という質問が多いとのことです。


また、住宅ローンの残債は退職金で
一括返済をしようと考えている人もいるようです。


「住宅ローンはどんどん返しなさい」
「家のローンがなくなって初めて一人前なんだからね」


なんて、親に言われてせっせと
繰り上げ返済をしている人も少なくないかもしれません


でも、結論を言うと

 

繰り上げ返済はしないほうが断然お得なんです!



そこで今回は、


繰り上げ返済はなぜしないほうが得なのか、
その理由を詳しく解説していきます!


今回のブログを読んでいただければ、
現在住宅ローンを借りている人は


繰り上げ返済は実はメリットが少ない
ということがわかりますし、


繰り上げ返済はしないほうがむしろ、
資産は増えるということがわかるようになります。


また、もし不動産投資をしているならば、
アパートローンの繰り上げ返済はどうなのか、


投資という観点でも繰り上げ返済について
解説していきたいと思います。


アパートローンの場合は住宅ローンと少し考え方が違うので
きっと参考になると思います!


ぜひ、最後までお付き合い下さい♪


今回は5つのトピックでお話していきます。


それではまず、
繰り上げ返済の仕組みについて解説いたします。


そもそも繰り上げ返済とは毎月のローン返済とは別に、
残債の一部を返済することを言います。


通常ローンは金利と元金の合計額を毎月返済していきますが
繰り上げ返済のお金は元金の返済に充当されます。


つまり、残債を一気に減らすことで月々の金利返済が軽くなり、
その結果総返済額が少なくなるという仕組みなんです。


具体的に解説すると、


繰り上げ返済の方法には、
期間短縮型と返済額軽減型の2種類あります。


期間短縮型は月々の返済額は変わらずに
期間を短縮する返済方法で


期間が短縮された分の金利負担が軽減されます。


返済額軽減型は返済期間はそのままで
月々の返済額が少なくなります。


どちらの返済方法もトータル的な金利の
支払い額は減らすことができますが、


利息を減らす効果は同じではないんです。

 

期間短縮型の方がより多くの金利を節約できます。



では、次に繰り上げ返済の、
メリットデメリットについて見ていきましょう。


まず、メリットですが、
一つには借金を早く回せるというのがあります。


とにかく借金を抱えることに対して住宅ローンは
マイナスイメージを持っている人は、


早く返済すればするほど、
精神的なストレスから逃れることができる
というのがメリットになりますよね。


二つ目としましては、
早く返済した分金利の負担がなくなるので返済総額が少なくなる
というのがメリットになります。


今回はここまでです。


次回は続きから詳しく数字に例えてご説明いたします!



 

不動産実務検定は「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

 

不動産の基礎から詳しく学べます!

 

ぜひ、ご受講下さいね!

 

▼ 受付中の不動産実務検定認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule




一般財団法人 日本不動産コミュニティー
J-REC事務局 横山千穂