不動産実務検定ブログ

2021/05/09

『カモられ経験者から、これから大家さんになりたい方へ』前編

読者の皆様、初めまして。
今年から、認定講師デビューさせていただく花咲美樹です。


東京品川区在住で、
都内でシェアハウスやアパートを夫と二人で運営・管理しています。

子宝には恵まれなかった為、
老後の資産形成の一つとして約5年前から不動産投資を始めました。



投資で始めましたが、今では大家業を子育てのような感覚で行っています。


大家業は、年代や職種が様々な方とお話が出来で楽しいです。



シェアハウスの入居者は、20代から30代の若者が中心です。

「もし私達に子供がいたら、こんな感じなんだろうな~」と思いながら接しています。


メールやLINEで、夜や朝、時間帯関係無くやり取りをしているのですが、
時にはプライベートな人生相談もあったりします。

一人一人に対応しながらの運営、これが個人経営の大家の強みです。



でも、不動産投資歴、順風満帆ではありませんでした。


サラリーマン大家として、投資を始めてすぐの頃、
詐欺まがいの物件を購入してしまったのです。


数冊本を読んで、
不動産会社主催の無料セミナー参加しただけでそれなりに勉強した気になってました。


受講したセミナーの講師は、不動産会社の社長。

講師に勧められた1億円以上の物件を、ろくに調査もせずに契約しました。
相場の倍近い金額、高額なローンを組んで、購入してしまったのです。



3年程前にマスコミを騒がせた、某シェアハウス事件、ご存じでしょうか?


シェアハウスの管理会社、銀行、不動産販売業者の3者が企んで、
新築シェアハウス物件を大量に販売していたのです。


管理会社は、初めから管理する気は無く、早々に計画倒産。


某地方銀行の支店長が、過剰融資のスキームを裏で指示していたとして、
国会や金融庁でも議題になった事件です。



「新築、フルローン融資、サブリース(30年間定額家賃保証)、高利回り」

というような甘い言葉につられて、
銀行が融資するのは良い物件、家賃保証があるので安心…等と思い込んてしまったのです。



海千山千の彼らにコロッと騙されてしまったのですが、
彼らにとって、私のような無知なサラリーマン大家は

「鴨が葱を背負って来た」ようなものだったでしょう。




-----------------------------------

東京第1支部
J-REC公認 不動産コンサルタント
 
花咲 美樹

----------------------------------



この体験から花咲講師が学んだものとは・・・?
次回もお楽しみに!








不動産実務検定では全国各地の認定講座で、


ライフプランニング、不動産投資、満室経営、税金対策、建築、
ファイナンス、土地活用コンサルティングなど幅広い知識を学ぶことができます。



▼講座開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/schedule



オンライン講座も開催しておりますので安心してご受講いただけます!

▼オンライン講座開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/schedule/online



すぐに受講するのは不安・・・という方には無料受講もございます!

▼無料体験講座一覧
 https://www.j-rec.or.jp/othersemi/taiken_koza.html



各地大家塾や勉強会も開催しておりますので是非お気軽にご参加ください♪

▼認定勉強会開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/zaidan/sg_1.html



-------------------------------------------------------------------------------------------

不動産実務検定ではFacebook、Twitterを更新しております♪
ぜひ、フォローしていただければと思います♪

 -------------------------------------------------------------------------------------------