不動産実務検定ブログ

2022/05/23

『住宅ローンは繰り上返済しちゃダメ!その理由は? 第1回』【全3回】

みなさん、はじめまして!
1月11日にJ-REC事務局に入社した中村友香です!

本日から私もブログ更新していきますので
よろしくお願いします(^^)


そして、最初にかかせていただくテーマは、

『住宅ローンは繰り上げ返済しちゃダメ!その理由は?』

です。

第1回、第2回、第3回にわけてお送りしますので、
ぜひ、今回も最後までお付き合いください。


今回は、住宅ローンを今借りている人向けのテーマになります。


最近よく住宅ローンがあると

『不動産投資で融資を引きづらいから
繰り上げ返済したほうがいいんでしょうか』

という質問があります。

また直近で、一括返済を考え退職金で返済しようと
考える人もいるようです。


『住宅ローンはどんどん返しなさい』
『家のローンなくなって初めて1人前なんだからね』

なんてことを親に言われたり、最近ではコロナからの不安で
いち早くローンを終わらせたい!という思いで
繰り上げ返済している人も少ないかもしれません。


ですが!!結論から言うと、、、


繰り上げ返済はしないほうが断然お得なんです!


では、なぜ繰り上げ返済しなほうがお得なのか、、、
その理由を詳しく解説していきます。


今回のブログを読んでいただければ、現在住宅ローンを借りている人は

繰り上げ返済は、実はメリットが少ないということがわかりますし、
しないほうがむしろ資産は増えるとういうことがわかります!

また、もし不動産投資をしているのであれば、

アパートローンの繰り上げ返済はどうなのか
投資とういう観点でも繰り上げ返済について解説してきたいと思います。

アパートローンの場合は、住宅ローンと少し考え方が違うのできっと
参考になると思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。


今回は5つのトピックでお話していきます。

それではまず最初に、

『繰り上げ返済の仕組み』について解説いたします。


そもそも繰り上げ返済とは、毎月のローン返済とは別に残債の一部を
返済することを言います。


通常のローンは金利と元金の合計額を毎月返済していきますが繰り上げ編成の
お金は現金の返済に充当されてます。

つまり残債を一気に減らすことで月々の金利返済が軽くなりその結果
総返済額が少なくなるという仕組みなんです。


具体的に解説すると、繰り上げ返済の方法には、
期間限定短縮型と返済額軽減型の2種類があります。



期間限定短縮型は、月々の返済額は変わらずに期間を短縮する方法で
期間が短縮された分の金利負担が軽減されます。

返済額軽減型は、返済期間はそのままで月々の返済額が少なくなります。


どちらの返済方法もトータル的な金利支払い額は減らすことができますが、
利息を減らす効果同じではないんです。


実は、

期間短縮型の方がより多くの金利を節約できます。

今回はここまでです。

次回は、繰り上げ返済のメリットデメリットについて
見ていきましょう!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



不動産実務検定では全国各地の認定講座で、

ライフプランニング、不動産投資、満室経営、税金対策、建築、
ファイナンス、土地活用コンサルティングなど幅広い知識を学ぶことができます。


▼講座開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/schedule


オンライン講座も開催しておりますので安心してご受講いただけます!

▼オンライン講座開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/schedule/online


すぐに受講するのは不安・・・という方には無料受講もございます!

▼無料体験講座一覧
 https://www.j-rec.or.jp/othersemi/taiken_koza.html


各地大家塾や勉強会も開催しておりますので是非お気軽にご参加ください♪

▼認定勉強会開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/zaidan/sg_1.html



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不動産実務検定ではFacebookTwitterを更新しております♪
ぜひ、フォローしていただければと思います(^^)/~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー