不動産実務検定ブログ

2022/08/19

『長野支部長になりました、小林正博です!』<前編>



この度、長野県支部をさせて頂きます小林正博です。

私は、長野県の小諸で生まれました。
小諸は、北に浅間山・南に千曲川を望む、詩情豊かな坂の多い城下町です。

1600年に関が原に向かった徳川秀忠の軍が小諸城に入り、
上田城の真田との合戦で関ヶ原に遅参しました。

島崎藤村が英語教師として赴任し、
「千曲川のスケッチ」や「小諸なる古城のほとり」などの作品の舞台となりました。

長野冬季オリンピックで長野新幹線の佐久平駅ができてからは、
小諸は、かつて賑わいはありませんが、町並や風景を生かした町おこしや観光に若者が頑張っています。

私の父が小学校5年生で父親を亡くしたので、父は大変な苦労をしたそうです。
また、専業農家で生計を立て、自宅の2階では養蚕をしていました。

私は、小学校5年の頃から新聞配達をしていました。
テレビも友達の家に見せて貰いに行っていました。

そんなことを気にせず、
自然が豊かで千曲川で泳ぎ、手で魚をつかみ取りし、野山を駆け回っていました。

小学校しか行けなかった父は、四十歳の頃からサラリーマンとして働き始め、私を大学に出しました。

大学の部活はワンダーフォーゲル部で、
アルバイトをしたお金で、北海道から沖縄・西表島まで全国を登山しました。

そして、大学を卒業後、長野に戻り就職しました。

しかし、会社の人間関係に馴染めず、2000年から学研CAIスクール小諸教室を開校しました。

独立しても生徒が増えず、一人でやっていたので苦労しました。 
忙しいとは、心を亡ぼすことだとよく言ったものです。

また、定期的な給料もない苦しい生活で、お金のことで家計は最悪でした。

▼J-REC長野支部 小林正博
https://www.j-rec.or.jp/koushi/show/208




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今回はここまです。

次回もお楽しみに!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

不動産実務検定は「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

 

不動産の基礎から詳しく学べます!

 

ぜひ、ご受講下さいね!

 

▼ 受付中の不動産実務検定認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule