不動産実務検定ブログ

2022/08/19

『セミナー・勉強会の心得について』<後編>

こんにちは。
埼玉県在住の名取です。

前回の内容はコチラから。

「もったいない」

これは日本にしかない言葉なのでしょうか?

かつてそんな話を聞いたことがあります。

不動産投資は、今日取り組んで、今日結果が出るものではありません。
とにかく時間がかかります。
物件購入だけでも、
物件の情報収集、
現地確認、購入前の調査があります。

これは本人の頑張り次第で、なんとでもなります。

しかし融資審査となると平均1ヶ月程度かかります。

ですから、物件購入はおおよそ2ヶ月かかります。

その後やっと家賃収入が入るので、
時間がかかると言えばかかります。

物件の情報収集のところで、思うように物件が見つからない、
融資が思うようにつかない、
など障害もあるとなかなか結果が出ないわけです。

もう無理、大変、また融資でダメになる、
いろいろと思い通りにいかない事が多いです。
しばらくやめようという人もいます。

途中まで取り組んだけど、やめようと思います。
あと少しなのに、もうやめます。

そんな声を聞くと、

あーもったいないと思います。

自分はぜんぜんダメなのか?
あと少し頑張れば良いのか、
ポジションも確認したいですね。

途中まで取り組んで、あと少し、
才能を生かしていないことの方がもったいないとも思います。

今日はこの辺で。

お読みいただき、ありがとうございました。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

不動産実務検定は「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

 

不動産の基礎から詳しく学べます!

 

ぜひ、ご受講下さいね!

 

▼ 受付中の不動産実務検定認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule