不動産実務検定ブログ

2020/11/28

『新築ワンルームマンション投資 知らないと損する危険な罠』後編

前回の続き、
岐阜支部 服部講師のブログになります!

前回はこちらから!



ローンを返済したら資産になる??


新築ワンルームマンションは、販売価格に必ずデベロッパーの利益がのっています。

だいたい、物件価格の1割から2割と言われています。


という事は・・・
2000万円で購入した瞬間300万程値段が下がるという事になります。


買った途端に物件の価値は1700万円に下がるという事になります。



極端な話ですが、勝った直後に売却をしようとしても1700万円でしか売却できない。
300万円の持ち出し。

キャピタルゲインどころかキャピタルロスになってしまいます。

そこにうま味を感じますか?




35年後ローンを支払えば年金の足しになる??


月23,000円持ち出し×12か月×35年=966万円の持ち出し

家賃は築年数が古くなるにつれて下がります。


仮に7万円の家賃と想定・・・
7万円×12か月=84万円/年
月48,000円の収入しかない。


老後月48,000円の収入でたりますか?


966万円の持ち出しがあり
1000万円で売却⇒収益ゼロ
2000万円で売却⇒1000万円得
2500万円で売却⇒1500万円得


不動産の価値が上がる理由の一つは人が集まる所です。

今後少子高齢化、人口減少を背景に考えると、日本の市場で不動産の価格が高騰する場所は非常に限られてきます。
その場所を一番最初に把握して、買いあさるのは不動産屋です。

一般の投資家さんがいち早くプレミア価値がつく場所を購入できるのは非常に難しいと思われます。
その事から35年後に購入時と同じ価格で売却できる確率は非常に低い。



仮に2500万円で売却できたとしても1500万円の得しかありません。

これは、毎月23000円半年複利で他の金融商品に積み立てて投資していった方が、税金を考慮しても同じ1500万円くらい含み益が出る可能性が高い。


サブリース家賃保証の保証家賃が急に下がったら?

物件に不具合が出て、急な修繕費がでたら?

古くなるにつれて客付けが全然できなくなって空室期間があいてしまったら?


35年間毎月23000円の赤字に耐え続け、35年後売却できても手元に全くお金が残らない。
これが本当に人生の備えになるのでしょうか??


新築ワンルームマンション投資は不動産の勉強をしっかりしてから始めないと危険な商品です。



J-RECでは不動産業者に騙されないように不動産実務検定という学びの環境が御座います。


本気で不動産投資を考えて見える方、また、今現在不動産大家業をされて見える方。
不動産投資はポイントを押さえてしまえばあとは数をこなしていくだけです。
誰かに任せて投資をするのではなく、自分で学び自分で探し自分で苦労する。

これが成功の近道だと思います。


これを気に是非ご検討ください!









----------------------------------
岐阜支部 岐阜SG
J-REC 公認不動産コンサルタント
 
服部 高徳
----------------------------------



不動産実務検定では全国各地の認定講座でライフプランニング、不動産投資、満室経営、税金対策、建築、ファイナンス、土地活用コンサルティングなど幅広い知識を学ぶことができます。


▼講座開催一覧
https://www.j-rec.or.jp/schedule


オンライン講座も開催しておりますので安心してご受講いただけます!

▼オンライン講座開催一覧
https://www.j-rec.or.jp/schedule/online


すぐに受講するのは不安・・・という方には無料受講もございます!

▼無料体験講座一覧
https://www.j-rec.or.jp/othersemi/taiken_koza.html


各地大家塾や勉強会も開催しておりますので是非お気軽にご参加ください♪

▼認定勉強会開催一覧
https://www.j-rec.or.jp/zaidan/sg_1.html



----------------------------------------------------------------

不動産実務検定ではFacebook、Twitterを更新しております♪
ぜひ、フォローしていただければと思います♪

 ----------------------------------------------------------------