不動産実務検定ブログ

2022/08/19

『外国人入居の実態! 第2回』<全3回>



みなさん、こんにちは。
J-REC事務局の横山千穂です!


今回は前回よりお伝させていただいている、
『外国人入居問題の実態』の第2回目をお送りします!


「前回のみてないよ」という場合は下記よりご覧いただけます♪


▼ 外国人入居の実態! 第1回
https://www.j-rec.or.jp/blog/344


それでは、早速はじめていきましょー。


前回、外国人を受け入れた方がいい理由の
2つ目までをご紹介させていただきました。


今回は3つ目の理由です。


それは、

 

長期間入居してもらえる可能性が高い



と、いうことです。


外国人は部屋を探すのにとても苦労しているので、
一旦入居したらなかなか出ていかないというメリットがあります。


そればかりか、同級生を紹介してくれるケースもあります


例えば留学生の場合、まず語学学校に1年程度通って卒業すると、
大学などに入学するので長い人は4年以上住んでくれます。


一般的にワンルームの平均入居期間は2年程度と言われていますので
これは本当にありがたいことです。


あと、外国人に入居してもらったら必ず、
「あなたのお友達をぜひ紹介して下さい」と伝えて下さい!


実際にお友達を紹介してもらえることもありますし、
そうすると何かあった時に身元を確認できることになるのでおすすめです。


外国人入居の方法は一般に SUUMO や at home を利用してもいいのですが、
今は外国人専門の物件探しサイトがあります。


▼ BEST-ESTATE
https://www.best-estate.jp/

▼ Real Estate Japan
https://realestate.co.jp/ja


こちらでもあわせて募集することがおすすめです!


このように外国人入居者は優良な入居者になり得るのですが、
それでもトラブルがないわけではありません。


そこで、実際にあった例で解説しましょう。


まず、皆さんが気になる家賃滞納ですが、
外国人入居者の滞納はないと言っても過言ではありません。


それはなぜかということを分析してみると、
彼らは一旦部屋を出ると再度部屋を借りるのが比重に大変なのです。


だから、家賃の支払いのプライオリティーは、
彼らにとってすごく高いんです。


次は、ゴミ出しのトラブルです。


入居者の国によってはゴミを分別せず一緒に捨てるケースもあるので、
すべてのゴミを一緒に出されてしまうことがあります。


また、外国人は経済的にも自炊するケースが非常に多く、
生ゴミが頻繁にでます。


中国人の場合は油を使った料理を多くするのでキッチンが汚れたり、
料理の際に出た生ゴミを部屋に置いておくと臭いので、
ベランダや玄関前に放置されて異臭を放っていたりします。


そして、そのゴミを犬や猫があさって、
ゴミが散乱してしまうということもあります。


これは日本人も一緒なのですが、
ゴミ出しに関しては事前にしっかり説明することが重要です。


特にゴミ置き場にゴミ出しの看板を、

 

多言語で作成して貼っておく



ことをおすすめします。


また、もし回収日以外にゴミを出されていた場合、
そのゴミはそのままにせず回収してきましょう。


もし放置してしまうと他の人も次から次と
ゴミ出しをしてしまうからです。


ゴミ出しについていは外国人だけでなく、
日本人もルールーを守らない人が多いので、

 

根気強く指導する
 

ことが大切になります。



『外国人入居の実態!第2回』はここで終了です。


次回は第3回目、最終回をおおくりしますので
ぜひ、ご覧ください♪





 

不動産実務検定は「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

 

今回の外国人入居についても詳しく学べます!

 

ぜひ、ご受講下さいね!

 

▼ 受付中の不動産実務検定認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule




一般財団法人 日本不動産コミュニティー
J-REC事務局 横山千穂