不動産実務検定ブログ

2021/03/07

『米軍関係者向け賃貸物件について』

こんにちは、J-REC山口支部 岩国SGの長谷 宗治です。


初めてブログを書かせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。



私が生まれ育った山口県岩国市は、米軍岩国基地がある為、昔から米軍関係者が多く住む町です。

特にこの1-2年では、米軍厚木基地の部隊が岩国基地に移転してきており、
「10人に1人は、外国人」と言われるほどになっています。



米軍関係者の方に賃貸できれば、周辺相場より高い家賃を期待できますが、
一方で日本人に賃貸する場合とは違う点に注意が必要です。

 

戸建物件

岩国基地に赴任される方々の多くは、家族で赴任される方はもちろんですが、
独身の方も庭付き戸建をご希望されるケースが多いです。

 

広い間取り

アメリカンサイズのソファーやベッドを持ち込まれますケースもあります。

 

フローリングの部屋

畳を好まれる方もいらっしゃいますが、ほとんどの方はフローリングを好まれます。
私が所有している物件も畳部屋を一つだけのこして、他の部屋はすべてフローリングに改装しました。

 

庭と駐車場

BBQパーティーが開けるような十分な広さの庭と2台以上置ける駐車場を希望される方が多いです。
 


米軍基地の検査がある。

家の設備や間取りについて、米軍の規定に沿っているかのチェックがあります。
それに合格するためのリフォームが必要になる場合があります。

 

英会話

米軍関係者の方々は、ほとんど日本語がしゃべれませんので、
ほとんどの場合、管理会社を通じてのやり取りとなりますが、
日常会話程度でいいので、英会話を覚えておくことをお勧めします。

また、英語でコミュニケーションが取れれば、
その方と親しくなりますので、その方が退去の際、次の入居者を紹介してくださることもあります。

 

退去時の清掃費用が高くつくことがある。

大型犬や猫を飼っていらっしゃる方もいらっしゃるので、通常より清掃費用が高くなることもあります。

 

敷金精算はその場で現金で

退去後、すぐに帰国される方が殆どです。
敷金精算は、退去日に現金で行うケースが多いです。

 

入居期間

軍人の任期は基本的に2年周期です。
中には延長申請をされる方もいらっしゃいますが、約2-3年毎に入退去があります。



ざっくりとですが、以上が、米軍関係者に賃貸する際の注意点です。

また、私自身が経験した米軍関係の方に賃貸している際のエピソード等は、
講義の際にお話しできればと思います。




-------------------------------------------

山口支部 岩国SG
J-REC公認 不動産コンサルタント

長谷 宗治

-------------------------------------------









不動産実務検定では全国各地の認定講座で、


ライフプランニング、不動産投資、満室経営、税金対策、建築、
ファイナンス、土地活用コンサルティングなど幅広い知識を学ぶことができます。



▼講座開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/schedule



オンライン講座も開催しておりますので安心してご受講いただけます!

▼オンライン講座開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/schedule/online



すぐに受講するのは不安・・・という方には無料受講もございます!

▼無料体験講座一覧
 https://www.j-rec.or.jp/othersemi/taiken_koza.html



各地大家塾や勉強会も開催しておりますので是非お気軽にご参加ください♪

▼認定勉強会開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/zaidan/sg_1.html



-------------------------------------------------------------------------------------------

不動産実務検定ではFacebook、Twitterを更新しております♪
ぜひ、フォローしていただければと思います♪

 -------------------------------------------------------------------------------------------