不動産実務検定ブログ

2022/05/24

『障がい者専用の賃貸住宅「障がい者グループホーム」の9つのメリット』<後編>

J-REC名古屋第二支部支部長の大谷光弘と申します。


前回に続いて、
「障がい者グルーホームでの土地活用」
についてお伝えしようと思います。


▼▼▼▼

前回の内容はこちらから!

▲▲▲▲




●メリット5:もともと家賃が低いため家賃の下落リスクが少ない

愛知県名古屋市でも新築の障がい者グループホームの家賃は
1室37,000円~40,000円程度。
一般の賃貸市場と連動していないし、もともと家賃が低いので下落リスクが少ないです。


●メリット6:駅から遠い土地でも土地活用可能

障がい者グループホームの入居者は車に乗る人は少ないですし、
多少駅から遠くても入居者は十分見込めます。


●メリット7:全国的に障がい者グループホームは不足

地域にもよりますが、基本的には障がい者グループホームは不足しています。
障がい者は年々増加しておりとてもニーズがあります。


●メリット8:入居期間が長いので安定している

障がい者グループホームの入居者の年齢はさまざま。
18歳から入居可能で65歳までに入居していれば、
何歳まででも入居できます。
正確な平均入居期間のデータはありませんが、
入居期間はとても長いと言われています。


●メリット9:複数棟建築して相続人で分けることも可能

障がい者グループホームにもいくつかの種類がありますが、
介護包括型のグループホーム2棟と
就労継続支援事業所B型(作業所)1棟を建築して
それぞれ3人兄弟で相続することも可能です。



最初に優良な福祉事業者を見つけるのは多少苦労するかもしれませが、
上記のように障がい者グループホームは、多くのメリットがあります。





もし、ご所有の土地が


・少し駅から離れている
・賃貸住宅では、将来の入居が心配な立地にある



でも、何かしないと土地の管理や固定資産税の支払いが大変だ。
という方は一度検討してみてもいいかもしれません。


株式会社アイリス 
会長 大谷光弘
http://www.iris-fp.com/

J-REC公認不動産コンサルタント 
J-REC公認相続コンサルタント

<著書>
「高齢者向け賃貸住宅経営で成功する法」セルバ出版 https://onl.tw/Yuq5S3A
「高収益と社会貢献を手に入れる 福祉施設投資法」セルバ出版https://onl.tw/eYXiA2u
「Q&A大家さんのため相続対策」セルバ出版 https://onl.tw/D5AZ4e5



不動産実務検定は「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

 

不動産の基礎から詳しく学べます!

 

ぜひ、ご受講下さいね!

 

▼ 受付中の不動産実務検定認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule