不動産実務検定ブログ

2022/05/24

『空室が満室になる最後の一手! 最終回』 <全3回> 


みなさん、こんにちは。
J-REC事務局の横山千穂です!


全3回シリーズお伝えしております、

 

『空室が満室になる最後の一手!』



▼ 第1回
 https://www.j-rec.or.jp/blog/591

▼ 第2回
  https://www.j-rec.or.jp/blog/595



今回ついに最終回


ぜひ、最後までお付き合いください♪


さて、最終回の今回は、

 

業者の紹介率を格段に上げるとっておきのノウハウ



を紹介します。


その方法とはズバリ

 

物件案内は不要です!



の一言を言うだけです!


たったこれだけのことで、
あなたの物件を紹介してくれる業者さんは


格段に増えることになるでしょう。


なぜ、物件案内は不要ですというだけで
紹介が増えるのか半信半疑になると思います。


通常はお客様を業者が車で物件まで案内して
営業マンから物件のスペックなどを


しっかり説明してもらわないと
成約率が上がらないと考えられています。


しかし、繁忙期は特に


営業マンはとっても忙しいんです。


物件の問い合わせは1日に何十件もかかってきますし、
お客様を物件に案内するだけでも2.3時間はかかります。


それで成約に至らなければ、
手数料も稼げませんし骨折り損になるんです。


なので、営業マンはこの時期できるだけ
成約率の高い物件を案内したいというのが普通なんです。


そこで、

 

私の物件は案内不要です!



と言いつつ、そのまま直接お客様に
物件を見に行ってもらって下さいと言っておくと


業者は自分が案内する手間がかからないので、
あなたの物件を紹介してもらえる回数が格段に上がるんです。


実際には、物件にキーボックスを備えつけておいて
お客様に自分で見に行ってもらいます。


もちろん、オーナーが見学の時間に
立ち会えるのであればそれが一番です。


もし時間が合わなくて立ち会えなくても
ちょうど見学をしている時間にさりげなくオーナーから


電話を一本入れて見学者の質問に答えたり
条件交渉してクロージングをしていくわけです。


めでたく成約になれば、


業者は一切手間をかけずに手数料を稼ぐことが出来ますので
また、あなたの物件を紹介したくなるという好循環になるんです!


この方法は特に繁忙期に有効ですので、
ぜひ、実践してみてください♪


さて、全3回シリーズでお伝えしました
今回のテーマはいかがでしたでしょうか。


客付けのノウハウさえあればどんなボロ物件でも
自信を持って買いにいけることができるようになります。


どんなに地方の物件で、
どんなに供給過剰なエリアであっても、


ほとんどの大家さんは、
こういった客付けの努力をしていませんので、


地域でダントツになることができるようになります!


このように不動産は学べば学ぶほど
リスクは小さくなりますし、

 

自分の未来に応えてくれる稀有な投資法なんです



さらに、不動産投資について詳しく学びたい方は
初心者でも体系的に学べる

 

不動産実務検定で学ぶのが一番です



興味のある方はぜひご受講して下さいね♪




 

不動産実務検定は「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

 

不動産の基礎から詳しく学べます!

 

ぜひ、ご受講下さいね!

 

▼ 受付中の不動産実務検定認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule




一般財団法人 日本不動産コミュニティー
J-REC事務局 横山千穂