不動産実務検定ブログ

2022/05/24

『盗まれた自転車を大家さんは弁償するべき!?』

こんにちは!
J-REC東京第6支部吉祥寺SGのそばっちこと傍島啓介と申します。

普段は愛知県・岐阜県を中心に管理会社を経営しております。


管理物件が増えてくると日々さまざまな事件が起こります。
その事件1つ1つが毎日勉強になります。


今回のお話はその勉強になった事件の1つをご紹介させて頂きます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


学生さんが多く入居頂いている管理物件のマンションの入居者の親御さんから

「娘の買ったばかりの自転車が駐輪場に止めていて盗まれたどうしてくれるんだ?」

と少々ご立腹気味で入電がありました。


その物件はセンサーライトはもちろん防犯カメラまで設置されている
それなりに防犯対策もされているマンションです。


私は、

「警察に盗難届は出されましたか?」
「防犯カメラが設置されていますのでカメラの映像を確認しましょうか?」

とお話しました。


が、親御さんは、


「カメラの映像を見てどうするんだ?」
「犯人は捕まるのか?自転車は戻ってくるのか?」
「管理会社やオーナーとして賠償はしてくれないのか?」


と。。。


正直なところ心の中では、
防犯対策がされていない物件であれば
オーナーに防犯対策を提案するなど管理会社として再発防止対策はできるけれど、
この物件はどんな対策をすればいいんだ?と頭を抱えてしまいました。


ですが、親御さんのサービスリクエストは「自転車を返して欲しい」ということで、
防犯対策や犯人を捕まえて欲しいわけではないことに気が付きました。


親御さんの要望に応える方法が
その場で思いつかない私は

「一度、オーナー様とご相談してご回答させて頂きます」

とお話して電話を切りました。


盗まれた自転車を弁償する費用負担なんてオーナー様にお願いできないし、
だからと言ってこのままオーナー様にも報告しないで退去されても申し訳ないし、

としばらく考えて

「自転車は家財になるから保険で対応できるのではないか?」

と思いつきました。


保険の代理店もやっている弊社では
入居者様の火災保険も弊社で管理させて頂いているので
保険会社に補償対象になるか問合せをしました。


すると保険会社は、

「保険の対象の敷地内に駐輪してあった自転車のであれば家財として補償の対象になる」

回答を得られました。


すぐに入居者の親御さんにお電話して、

「入居時にご加入頂いている火災保険で盗難にあった自転車は補償対象になりますので
 事故報告させて頂きますので手続きをお願いします」

とお伝えしました。


その後、お手続き頂き無事に新しい自転車を購入されたそうです。


もちろん保険なんて万が一の為に加入するものなので使わないことが一番いいのですが、
こういった盗難など万が一のことが発生した場合、
ご入居者様に教えてあげられてはいかがでしょうか?



普段は空室対策をメインにお仕事をさせて頂いておりますが、
空室対策の先にはテナントリテンションアップが必要です。


皆様の安定した賃貸経営のご参考になれば幸いです。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


不動産実務検定では全国各地の認定講座で、


ライフプランニング、不動産投資、満室経営、税金対策、建築、
ファイナンス、土地活用コンサルティングなど幅広い知識を学ぶことができます。



▼講座開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/schedule



オンライン講座も開催しておりますので安心してご受講いただけます!

▼オンライン講座開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/schedule/online



すぐに受講するのは不安・・・という方には無料受講もございます!

▼無料体験講座一覧
 https://www.j-rec.or.jp/othersemi/taiken_koza.html



各地大家塾や勉強会も開催しておりますので是非お気軽にご参加ください♪

▼認定勉強会開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/zaidan/sg_1.html



--------------------------------------------------------------------

不動産実務検定ではFacebook、Twitterを更新しております♪
ぜひ、フォローしていただければと思います♪

--------------------------------------------------------------------