不動産実務検定ブログ

2021/05/09

『2021年版!絶対にやってはいけない不動産投資5選』④

こんにちは!J-REC事務局の内山です!


今回は引き続き、

『2021年版!』絶対にやってはいけない不動産投資5選

をご紹介いたします!


この5つを避けていただければ、

不動産投資で失敗する可能性の
「8割」は排除することができますし

不動産投資での成功確率を
飛躍的にアップさせることができるようになります。



ぜひ最後までご覧ください^^


前回の内容はこちらから!



【目次】


1.新築ワンルームマンション投資

2.土地付き新築アパート投資

3.サブリース付き物件

4.三為業者の物件

5.ハウスメーカーで新築



新築ワンルームマンション投資の


4つ目のポイントは
「年金になって、老後の不安が解消します」です。


そもそも35年後の年金よりも、

不動産投資は買った瞬間に
収益が生まれるものでなくてはいけません。



しかし、

新築ワンルームマンションを
フルローンに近い融資で購入して、

「すぐに収益が得られるものは一切ない!」

と、断言してもいいくらい利回りが低いのです。


大抵は毎月2万円程度の持ち出しになってしまうので

35年ローンを払い終わった段階で
7万円の家賃が取れるとしても、

管理費や経費を引くと
手元に残るキャッシュフローは4万円程度にしかなりません。



さらに、
月2万円の持ち出して買っているということは

年間24万円を35年間払い続けると
実に840万円も持ち出すことになるのです。


つまり、
35年後に840万円以上で売れなければ
「損をしている」ということになるわけです。



逆に新築ワンルームマンションを買わずに、

毎月2万円を3%の半年複利で積立運用を35年間すると
約1300万円にもなるのです。


新築ワンルームマンションの
1.5倍の収益になっていますから
どちらが賢い投資家明らかですよね・・・



「3%半年複利で運用できる商品なんかないよ」
と思われることがありますが、

世界中を見渡せば
そんな商品、実はあるのです。


わざわざ、

新築ワンルームマンションを買うより
普通に積立運用した方がよっぽど高利回りなのです。



このような「新築ワンルームマンション」は
忙しくて暇がないけど年収が高くて融資が受けやすい、

そんなエリートサラリーマンや
お医者さんがカモになりやすいので注意しましょう。




次回は
やってはいけない不動産投資の
2つ目「土地付き新築アパート」よりご紹介します!








不動産実務検定では全国各地の認定講座で、


ライフプランニング、不動産投資、満室経営、税金対策、建築、
ファイナンス、土地活用コンサルティングなど幅広い知識を学ぶことができます。



▼講座開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/schedule



オンライン講座も開催しておりますので安心してご受講いただけます!

▼オンライン講座開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/schedule/online



すぐに受講するのは不安・・・という方には無料受講もございます!

▼無料体験講座一覧
 https://www.j-rec.or.jp/othersemi/taiken_koza.html



各地大家塾や勉強会も開催しておりますので是非お気軽にご参加ください♪

▼認定勉強会開催一覧
 https://www.j-rec.or.jp/zaidan/sg_1.html



-------------------------------------------------------------------------------------------

不動産実務検定ではFacebook、Twitterを更新しております♪
ぜひ、フォローしていただければと思います♪

 -------------------------------------------------------------------------------------------