不動産実務検定ブログ

2021/05/10

『ウッドショックで家もアパートも建たない!? 第1回』<全3回>



みなさん、こんにちは。
J-REC事務局の横山千穂です!


今回のテーマは

 

『ウッドショックで家が建たなくなる』



こちらを全3回シリーズでお送りします!


ここ1年くらいは、

 

マイホームアパートの新築は辞めたほうがいい



かもしれません。


ウッドショックという言葉を最近よく耳にする機会が多くなりましたが
これはオイルショックと同じような意味で


最近木材価格が急騰していて

 

家が建たなくなるかもしれない



という問題が日本中で起こっています。


これによって今住宅業界は大騒ぎで
家を建てたくても建てられないそんな逼迫した状況になっています。


もちろんウッドショックの影響で
アパートの新築にも大きく影響してきます。


そしてこの影響はかなり深刻で長引きそうな気がしています。


そこで今回は

 

◎ ウッドショックとは一体何なのか


◎ なぜ今ウッドショックが起きているのか


◎ ウッドショックが起きて今後不動産業界がどうなっていくのか

 

詳しく解説していきたいと思います!


今回のブログを読めば
なぜウッドショックが起こったのかその背景がわかりますし


今マイホームや不動産を通してアパートを建てる人は今後
どんなところに気をつければいいのか具体的な対策もわかるようになりますので


ぜひ、最後までお付き合いください!


今、なぜ木材の価格が急騰しているのか
その原因を解説していきましょう。


ウッドショックが起きている理由は大きく3つあると思います。


1つ目は




アメリカカナダで住宅需要が急増したこと

 

2つ目は



中国の経済の再開の影響が大きい

 

3つ目は



海運コストが上がっていること
 


です。


では一つ一つ見ていきましょう。

 

まず、大きな原因は北米の住宅需要が急増していることです。


実際にアメリカの3月期の住宅着工申請件数は
174万件と前年同期比で37%も上昇していますし、


実際このアメリカの数字は2007年のリーマンショック前の
不動産バブルの絶頂の時とほぼ同じ着工数になっているんです。


これは、コロナの影響で金融緩和がなされて
アメリカの住宅ローン金利が下がったのと、


コロナの影響で都心に住む必要がなくなって
郊外に住宅を建てる人が多くなったことがとても影響しているといいます。


実際にアメリカの住宅ローン金利は過去最軽の3%台にまで下がっていて
住宅ローンの組成額は2007年頃の住宅バブルの時をはるかに超えています。


それと、当時住宅ローン破産をした人たちのクレジットがリセットされて
再度住宅ローンを借りられるようになったのも大きいと思います。


余談ですが、たしかアメリカでは1度ローン破産をしても4、5年経つと
また住宅ローンを借りられるようになると現地のローンアドバイザーから聞いたことがあります。


実際この影響で日本では木材の輸入量が減っていて
その反動で国産材の需要が増えて

 

国産材は20年ぶりの価格上昇になっているんです



製材用素材の素材価格の推移は
2020年7月あたりから上昇傾向になって


スギは15%強、ヒノキは20%%強、価格が高騰しています。


しかし実際の現場では、


すでに価格が1.5倍から一転8倍になっているというような声もあります。


また、東南アジア産の合板、つまりベニア板の価格も
過去30年で最高値になっています。


私の知り合いが実際に手がけられている
戸建賃貸やアパートの新築現場にも影響が出ていて、


今年に入ってから木材の確保は厳しくなるという情報は
事前に察知していたのでもうすでに対策は取っていて


これから着工するプレカット分については
すでに木材を抑えることはできたそうです。


一般の工務店でも夏までの木材のストックは確保できているようですが
夏以降の供給は全くわからない状況で


国産材の価格もどこまで上がるかはまったくわかりません。


2つ目は中国の経済再開の影響。


木材需要の増加は、お隣中国の経済再開の影響も大きいです。


中国の直近2021年1月から3月期のGDP 
は前年同期比18.3%増と急回復していて、


コロナからの経済再開の反動で住宅需要も増えて
木材を爆買しているといいます。


今回はここまで。


次回は3つ目の理由からご説明します!



 


不動産実務検定は「いつでも」「どこでも」「誰でも」

学べる講座になっています。

 

不動産の基礎から詳しく学べます!

 

ぜひ、ご受講下さいね!

 

▼ 受付中の不動産実務検定認定講座はこちらから!
  https://www.j-rec.or.jp/schedule

 


『2021年度 マスター認定短期集中講座』のお申込受付が開始いたしました!


短期集中講座のコースは年に1回しかない貴重な講座になります!
マスター資格までご検討されている方は、ぜひ、この機会にお申込下さい!

※今回のマスター認定短期集中講座ですが
 4月~6月はオンラインで開催いたします。
 

▼▼ 詳細&お申込みはこちらから ▼▼
https://www.j-rec.or.jp/kouza/master.html


 

一般財団法人 日本不動産コミュニティー
J-REC事務局 横山千穂